根管治療は抜かない歯科医療│モダン治療で口内復活

虫歯を完璧に治す

根管を治療する

根管治療というのは、たとえば「根本的に治療する」みたいな抽象的な事柄を意味しているのではありません。
字面を見てみるとそんな感じがしないでもないのですが、そうではないのです、根管治療とは文字通り「根管」という器官を、治療することを意味しています。
根管は、歯の根もと部分にある管状のもので、その管の中には歯の神経が通っています。
虫歯が進んでいくと、最終的にはこの歯の神経が蝕まれ、すさまじい痛みの原因となってしまいますが、根管治療では歯を抜かないまま、根管だけを触って神経を抜き取り、抜き取ったところに薬を詰め込みます。
その薬によって、虫歯菌が歯の神経に再び攻め込んでくることがないようにするのです。

再発を防ぐ

虫歯の治療は、単純なように見えて実に繊細なものです。それはミクロン単位の世界で、ミスを許さないものです。
ちょっとしたズレや見落としが、虫歯菌による攻撃の再発をさそってしまうことがあるのです。
歯に詰め物をして虫歯の治療完了……と言っても、詰め物にちょっとズレがあれば、そこから虫歯菌が入り込んできてまた再発するという可能性があります。
ズレがあってもいけないし、詰め物などでしっかりと密閉せずに空気が入るような余地を残しておくと、空気から細菌がまた歯の中に忍び込み、虫歯を引き起こすこともあります。
根管治療は、そのようなことを起こさないようにするために、行うものです。歯に微細な穴を開け、根管から神経を引っこ抜き、薬を詰め込み、密閉剤を隅から隅まで流し込んで固めてしまうのです。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013