根管治療は抜かない歯科医療│モダン治療で口内復活

マイクロスコープ

欠かせないアイテム

歯医者さんには、定番のアイテムといえるものがいくつかあります。ある人にとっては、見るだけでゾゾッとしてしまうというアイテムの数々。
歯を触るというのは、人体の中でも最も痛みを感じやすい部位を触るということ。そのための道具を見ると、条件反射的に私たちは恐怖に似た気分を味わうことになるというわけです。
たとえば、先端がきわめて細いドリルや、カギ状の道具。うがいのコップ。リクライニングする治療用の椅子。歯医者さんが目の上につけているCDのような道具……などなど。
ただ、根管治療に使われる「必要不可欠」と言われる機材に関しては、別の場面でも似たようなものを目にすることがあることから、私たちはそれほどの恐れを感じません。
根管治療に欠かせないアイテム、それはマイクロスコープという顕微鏡の一種なのです。

医療用スコープ

マイクロスコープのマイクロというのは「ミクロ」のことで、つまり「すごく小さい」というものだと覚えておけばいいでしょう。
根管治療というのは、1本1本は小さな歯の、さらに奥の方にある極細の管である根管の中を見て、治療するというもの。根管治療のためにマイクロスコープが使われるというのは、当然の話でもあるのです。
医療用のマイクロスコープは、治療代に固定することが出来るようになっていて、ドクターが接眼レンズに目を当てて、視野に映るミリやミクロの世界での治療をやりやすくしたものがあります。
あるいは、今映っている視野を、スコープをモニターに接続することで、何人かのドクターで診ながら治すことが出来るようにもなっています。
きめ細かな根管治療を、マイクロスコープは可能としているのです。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013